読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっきぃ日誌

鉄道ブログのような技術系ブログのようななにか

Eject Advent Calendar 16日目

Eject

他の方が入ってましたが、なんか忘れられていそうなので私が書きます。後でカレンダーを入れ替えてもらってセーフとしましよう。なんてスリリングなイベントなんだ、Advent Calendarというものは。わしはもうやらんぞ!!

というわけで、今日のネタはEjectギロチン構想編です。

今までは5インチベイタイプのドライブを利用してEjectコマンド工作を作ってきました。最近主流の?スリムドライブではどうでしょうか。

f:id:Akkiesoft:20131216232857j:plain:w450

事あるごとに言及はしていますが、スリムドライブの場合は-tオプションによるトレイ収納ができないため、繰り返し実行するものには向かず、基本的には一発勝負モノ限定となります。そして、今までは一発勝負であることを理由に使用してきませんでした。

しかし、実は自宅ではスリムドライブも数台あましています。しかもそれはなぜか玄関に転がっていたりします。謎だ。それはさておき、スリムドライブもEjectコマンド工作に利用できないでしょうか。

ところで、スリムドライブにはひとつ、5インチベイタイプにはできないことがあります。スライダーで勢い良く飛び出すことです。そして、スリムドライブは軽いので、たとえば逆さまにして壁かどこかに括りつけることもできます。この状態でEjectするとどうなるでしょうか。

閉じていたスリムドライブは、Ejectコマンドによって……

f:id:Akkiesoft:20131216233400j:plain:h450

\カシャッ!!!/

f:id:Akkiesoft:20131216233426j:plain:h450

……このように、勢い良くトレイが飛び出します。ドライブが壊れそうな勢いで落下します。実際に壊れる可能性もあるので、お試しの際は壊れても良いドライブでお試しください。

さて、この向き、勢い、一発勝負感、あの「ギロチン」に似ていませんか?私は前々からそんな風に思っていましたが、危険度が高すぎてつくろうとは思いませんでした。Advent Calendarのネタが尽きて出さざるを得なくなりました。カレンダー制覇に向けて出し惜しみせずやってみましょう。

というわけで今回は構想編でした。実践編もできればやりたい。が、できんのか?!