あっきぃ日誌

鉄道ブログのような技術系ブログのようななにか

ALLPCBでTinyPicoKeyの基板を作ってみた

ALLPCBというところでは初回時とたまにクーポンが降って来て、条件の範囲内で無料で基板が作れるらしく、こないだ自作した基板データで発注してみました。

9月末に発注したところ、製作まではJLCPCB同様スムーズに進んだものの、発送待ちのタイミングで国慶節とかいう中国の大型連休とぶつかったらしく、連休明けにようやく発送されて、先程到着しました。配送はDHLになっていて、DHLらしく数営業日でちゃんと届きました。送料も含めて無料だったのは一体どういう仕組なんだ……。

無料では黒い基板が選択できなかったので、今回は白色の基板にしてみました。5枚にしたけど1枚おまけがついてて嬉しいー。

f:id:Akkiesoft:20211012115707j:plain

また、基板の厚みを1.6mmからTiny2040とおなじ1mmにしたので、ちょっとだけ薄くなりました。こないだアキバで仕入れた赤軸をつけて、クリック軸・タクタイル軸・リニア軸が揃いました。その日の気分で付け替えて使えるね。

f:id:Akkiesoft:20211012115948j:plain

壁に壁を作って(???)メダカメラ用Raspberry Piを常設化

メダカメラ用のRaspberry Piは室内設置ですが、ご覧の通りやっつけ設置で色々良くない状況でした。なので、これをなんとかする話。

f:id:Akkiesoft:20211011153151j:plain

これをちゃんと設置しようとすると、壁に穴を開けて棚を作るとかネジかなんかで固定してとか言うやり方が想定されるので、賃貸マンとしては極力避けたい感じです。なので、代わりにここに1枚板をはっつけて、その板に穴を開けてRaspberry Piやら配線やらを固定すればいいやと思いついたので、ダイソーに行って買ってきました。

買ったのは1.4mm厚のPPシートと、壁の補修シート。PPシートをエアコンダクトとコンセントに引っ掛けるようにくり抜いて貼り付け、なんかいい感じに固定しよう(雑)と考えていましたが、雑すぎて壁にピッタリ張り付きませんでした。しかしこれが逆に壁とダクトに程よく挟まりガッチリ固定されたので、このまま行くことにしました。コンセントの切り欠き位置だけ後から修正。なお、カットは普通にカッターでグリグリ切り目を入れて、ある程度入れたところで折り曲げたらヘニョッときれいに折り取れました。アクリル板よりかんたんでいいかも。

f:id:Akkiesoft:20211011154101j:plain

いい感じに透明シートが売られていればそれで良かったのですが、派手な色しかなかったので、上から壁の補修シートを貼り付けます。思った以上にそれっぽくなってしまいワロタ。

f:id:Akkiesoft:20211011154228j:plain

もう一度設置。すごい、目立たないしそこまで不自然じゃない……。バッチリやん。というわけで自由に穴を開けられる壁を手に入れました。

f:id:Akkiesoft:20211011154255j:plain

あとは好きなように配置するだけです。まずはRaspberry Piをネジとナットで固定。ネジは裏から差し込んで一旦ナットで留めたあと、Raspberry Piをケースごとぶっさしてもう1回ネットで固定です。ネジが2本しかなかったので上の穴だけ使っています。

f:id:Akkiesoft:20211011154741j:plain

あとは気が済むまで配線整理。隠せるやつは隠しましたが、全部隠すのもダルいのでほどほどに。あと、ついでにカーテン用Raspberry Pi(1A)をこちらに統合することにして、ベランダに置いてる温湿度気圧センサーをここに繋ぎ変えました。

f:id:Akkiesoft:20211011155128j:plain

カーテンを開くGPIO制御もまとめるため、ドライブから壁を登っていたケーブルはなくせませんでしたが4本から2本に減らせています。これもLANケーブルにねじねじで束ねてスッキリさせています。

f:id:Akkiesoft:20211011155428j:plain

200円で自在に穴あけできる壁を作ってRaspberry Piを固定する話でした。

メダカ

11月に1週間ほど帰省を決めました。

で、そうするとメダカの世話をどうしようとなるわけですが、調べていたら、1週間なら耐えられる、もしくはミジンコウキクサを浮かせておくと良いとあったので、ミジンコウキクサを買ってみました。メルカリで350円ほどでした。

f:id:Akkiesoft:20211007132604j:plain

適当に鍋に放り込んでみたところ、1粒がかなり小さく、袋に張り付きました。すげえ。

f:id:Akkiesoft:20211007132630j:plain

袋に残ったぶんは水槽に放り込んで様子見します。

f:id:Akkiesoft:20211007132746j:plain

覗き込むと警戒されて食べるところが見られないですが、カメラの映像で見ているとけっこう食べているようでした。

f:id:Akkiesoft:20211007132814j:plain

f:id:Akkiesoft:20211007132817j:plain

培養がうまく行けば、鍋で適当に増やしつつ、メダカに与えるみたいな運用ができて良さそうです。コレでうまくいくと良いなあ。

メダカ

鉢勢を掃除。最近真面目にカウントしてなかったんですが、白は7匹、

f:id:Akkiesoft:20211004002408j:plain

黒は12匹でした。みんな元気。

f:id:Akkiesoft:20211004002409j:plain

黒鉢では藻が繁殖していて毎回除去してるんですが、今回はこいつに卵が結構たくさんついていて、しかも孵化直前くらいの勢いのもちらほらいたので採取してみました。20はいそうだなあ……。そして、夕方には1匹孵ってました。やばー。

f:id:Akkiesoft:20211004003136j:plain

あと、前回の掃除で白鉢の水温計についてた卵1つと、ガラス水槽から採れた卵1つを入れてた小どんぶりでも1匹孵化を確認。

f:id:Akkiesoft:20211004002810j:plain

ガラスの水槽に入れてた卵採取グッズにもいよいよ卵がついていたし(藻の隣に移動した)、これ以上増やしてどうする🤔

次回、ガラスの水槽勢の掃除!

アキバ

TinyPicoKey周りの部材を買いに久しぶりにアキバに行ってきました。遊舎工房に久々に行けたので満足。

f:id:Akkiesoft:20211003222137j:plain

茶軸と赤軸を買ってきて、まずは茶軸をTinyPicokeyに実装しました。これでその日の気分でキースイッチが変えられるようになりました。もしかして、複数のTinyPicoKeyを接続できるボードがあったら全部活用できるかも。Kailhのスロットでいいやんと言われればそうなんですけど。

f:id:Akkiesoft:20211003222352j:plain

あと、ロープロのキーキャップが可愛かったのでキースイッチとセットで10こずつ買いました。もちろん板がないので、板を作るところからになりますね……。ロープロファイルを使ったキーボードはHelixPicoが以前はありましたが使いこなせずに手放したので。これでなんか作って遊びたいところです。

f:id:Akkiesoft:20211003222515j:plain

あとは、渋谷のオフィスにもよって、会社にモノを持っていく&持ち帰るのと、3Dプリンターでモノを作ってきました。PCを持ってこなかったのにデータのスライス工程のことを忘れていて、危うくプリントできないところでしたが、バッテリーが膨らんで使うとヤバいMacBookで無理やりスライスデータを作ってなんとかしました。

ミクを立たせるとめっちゃワクワクしながら見ている図になってかなりすき。

f:id:Akkiesoft:20211003222959j:plain

出来上がり。

f:id:Akkiesoft:20211003223007j:plain

作ったものは、HQcamにRaspberry Pi Zeroをマウントするプレート。なんだかんだ本体がくっついていたほうが楽なので、あれば便利と言った感じです。ちなみに公開されているフリーのものです。

www.thingiverse.com

オンボード無線LANの性能がしょぼいので、カメラのストリーミングをやらせるとちょっとしんどいです。メダカメラの第2カメラ用なんだけどなあ。USBのやつつなごうかなあ。

f:id:Akkiesoft:20211003223149j:plain

あとまたミクフィギュアを増やしました……。何この悪堕ちミク……えっちすぎる。

f:id:Akkiesoft:20211003230020j:plain