読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっきぃ日誌

鉄道ブログのような技術系ブログのようななにか

Raspberry Pi 1B+/1A+/2のMicroSDカードスロットのロック機構が壊れたら…

Raspberry Pi Zeroと3以前のRaspberry Pi Model 1B+/1A+/2の3種類は、MicroSDカードを押し込むとカチッとロックされるタイプのスロットでした。このカチッとロックされるタイプのMicroSDカードスロットは扱い方によってはロック機構が真っ先に壊れてしまうらしく、カードを押し込んでもバネで跳ね飛ばされてしまう……と言う話を数件ほど聞いていました。そんなこともあっていまのRaspberry Piはロックがないタイプになったのだろうと思っています。私は幸いまだ壊したことがないので、都市伝説くらいに思っていました。

が、そんな壊れたMicroSDカードスロットをついに今日初めて見ました。しゃちょうが持っていたRaspberry Pi 2ですが、話によるとRaspberry Pi 3と同じノリで引っ張ったら壊れたとのこと。確かにロック機構が壊れていて、カードを差し込むとバネが跳ね返すようになっていました。

好きにしていいよとのことだったので、前から気になっていた、問題のバネ除去をおもむろにやってみました。クリップをスロットに差し込んで…右側にいるバネをぐいっと側面に押し出して…出てきたところを引っ張っておわりじゃ!(^ω^)撮った後の写真であれだけどこんな感じ。

f:id:Akkiesoft:20170123233711j:plain

バネが取れたら、Raspberry Pi 3と同じように抜き差しできるようになりました。簡単やん。

f:id:Akkiesoft:20170123233736j:plain

今までググってもなんとか押さえる方法ばかり出てきていたので、これでスロットが故障しちゃった人も復活させられそうですね(?)。あらためてぐぐたら同じように対処している人のブログも見つけました。あるやん。こちらはバネを押さえる黒いパーツも取れるで、とのことです。私はそこは取らなかったです。

Fixed problem with spontaneous ejection of a micro SD card on the Raspberry Pi 2