あっきぃ日誌

鉄道ブログのような技術系ブログのようななにか

Raspberry Pi Storeレポート

イギリスレポートのRaspberry Pi Store編。全体の目次はこちら

イギリスはケンブリッジにあるRaspberry Piのオフィシャルストアにお邪魔&買い物をしてきた話です。イベント中は、朝7時半にRaspberry Pi Storeで見学と軽食をとってからイベント開始(というのを班を2日分にわけて実施)という形でRaspberry Pi Storeを訪問しました。また、イベント後も平日と休日にチラホラ様子を見つつ、買い物もしてきました。ので、滞在中3回くらい行きましたw

f:id:Akkiesoft:20190915214015j:plain

Raspberry Pi Storeの所在地

そもそも場所ですが、ケンブリッジ駅から北方向に15〜20分くらい歩いたところにあるGrand Arcade - Wikipediaというショッピングモールの中にあります。イオンモールから専門店街を切り抜いた感じといった規模感でしょうか。Apple Storeとかスタバとか各種ケータイショップやらおもちゃややらレストランやらが入ってますし、奥の方には極度乾燥(しなさい)でおなじみSuperDry Storeもあります。

www.google.com

アーケードの中のエスカレーターにはRaspberry Pi Storeの広告もはられています。

f:id:Akkiesoft:20190915223450j:plain

エスカレーターで2F(イギリス的には1F、地上階はGround Floorなので)に上がり、少し進んだ先にRaspberry Pi Storeがあります。

f:id:Akkiesoft:20190915225517j:plain

ストアの中身

Raspberry Pi Storeの中はショップ部分とRaspberry Pi体験コーナーに分かれていて、体験コーナーではScratchとかGoogle AIYとか、いろんなものが触れるようになっています。Raspberry Pi以外の知育玩具も少し置いてあるようでした。

f:id:Akkiesoft:20190915214726j:plain

f:id:Akkiesoft:20190915214758j:plain

ショップ部分はというと、Raspberry Pi本体や周辺機器、スターターキットはもちろん各所に陳列されていました。私の体感では、イベント中はRaspberry PiオフィシャルUSB-C電源が(USプラグ版で)よく売れていたように見えました(笑)。私もシェフィールドに行って戻ってきた際に立ち寄ったタイミングで買いました。

f:id:Akkiesoft:20190915214852j:plain

公式の書籍やグッズも充実。Tシャツも色んな種類が用意されていました。

f:id:Akkiesoft:20190915214941j:plain

が、これかわいい!!と思ったやつがほぼ売り切れ状態。サイズが大きいやつだけ残っていたので、おおたさんは買えたようでした。うらやましい。

f:id:Akkiesoft:20190915215237j:plain

他にも、サードパーティや周辺機器、さらにはオシロスコープまで取り揃えている充実ぶりでした。PiZeroもこの棚に並んでいて購入できるようでしたが(私は買っていない)、ここではWHも含めてお一人様1台の制限でした。またそんなに在庫してないということなんでしょう。ちなみにここでふら~っとしてたら、RasPi.tvのAlexが呼ぶので何かと思ったら、ポータブル光学ドライブを指差してEjectと言われました。なんやねんw

f:id:Akkiesoft:20190915215309j:plain

お宝が眠る?レジカウンター

レジカウンターも味わい深く、過去のちょっとレア?なモデルもいくつか展示されていました。

こちらは知る人ぞ知る中国版Raspberry Pi 1B。1B+の途中くらいまで、中国版のRaspberry Piは赤い基板で作られていました。

f:id:Akkiesoft:20190915215621j:plain

こちらは3B+ですが基板が青いです。3Bだとブラジル版が青基板なのですが……とおもったら、3B+も引き続き青い基板の模様

f:id:Akkiesoft:20190915215732j:plain

こちらは2Bと3Bですが、絶対世の中に出回っていないであろう試作と思われるバージョン。パックマンのモンスターとインベーダーが紛れ込んでいます……。いや、試作だから……まあ……???🤔🤔🤔

f:id:Akkiesoft:20190915220350j:plain

f:id:Akkiesoft:20190915220400j:plain

でまあ、こんなに立派なお店を構えて、普段の人入りは……というと、平日はさすがにまばらのようですが、休日は子どもたちがRaspberry Pi体験コーナーに座り込んでもくもくと遊んでいるようでした。最終的に親御さんが張り付く子供を引っ剥がして店をあとにするところまでみて、OSCのブースでよくある光景だしRaspberry Pi(の中の何かしら)に夢中になった子供を引き剥がすのはどこでも同じなんだなあと思うのでした。

戦利品

私のストアでの戦利品はささやかながらこれ。

f:id:Akkiesoft:20190915231224j:plain

バッグはOSCとかのイベントでセミナー後のじゃんけん大会アイテムとしておなじみかもですが、ストアーでは5ポンド(750円くらい?)してます。実家では甥1が学校の水泳用バッグとして重宝しているらしく、甥2の分もせがまれていたのでそのお土産です。USB-C電源は自分用。PSEマークはもちろんないのですが、個人で輸入して使う分には問題はないです(が、コメント欄ではそこの深堀りに関しては受け付けません、各自でググって調べてください)。まあ、Pi4本体はまだ日本では使えませんし、けどもう持っていて(普段は暗箱に放り込んで使ってるけどしばらく忙しくて触れてすらいない)何台もいらんし……というかんじでした。シャツが売り切れていなければ!

おわりに

どっぷりとRaspberry Piを堪能できるストアになっています。イギリスに行った際には、と言うにはロンドンから1時間くらいかかるのであまり気軽に行ける感じでもないのですが、興味のある方はぜひ。

f:id:Akkiesoft:20190915223342j:plain

ストアの案内ページはこちら。営業時間にも注意してくださいね。

www.raspberrypi.org

イギリス鉄

イギリス旅中の鉄分まとめ。目次はこちら!

途中途中鉄道の形式とか調べながら乗ろうとしたけど、そもそも車番の桁の意味付けが日本と全然違ってて苦労しましたネ。交通博物館で見つけたポケット編成表を思わず買ったくらい(とはいえそんな読んでもいない)!

ヒースローエクスプレス

空港にはピカデリーラインとこれが乗り入れていますが、行き帰りともこちらを利用していました。後日観光でピカデリーラインに乗ったら空調も効かず狭かったので、旅行の荷物が多い人とかはヒースローエクスプレスがおすすめという感想です。

あと帰りに気づいたけど、撮影禁止でした(ア)。

f:id:Akkiesoft:20190915171103j:plain

ので、パディントン駅で。こっちはどうなのかしらんですけど。

f:id:Akkiesoft:20190915171048j:plain

パディントン駅の駅舎と電光掲示板。Calling atは途中停車駅の意味。向こうは漢字がないのでLED表示にドット数がいらないせいか、文字が小さい(?)。

f:id:Akkiesoft:20190915172407j:plain

地下鉄

サークルラインは車体がでかくてゆったり。

f:id:Akkiesoft:20190915172647j:plain

f:id:Akkiesoft:20190915171249j:plain

www.youtube.com

ピカデリーラインは大江戸線かそれ以下の車体で空調も効かなくて厳しい感じでした。空港に乗り入れながらあの車体は厳しい。ただし、あと数年で新型車に置き換わる模様。

www.youtube.com


ピカデリーラインの線路。四軌条方式っていうんだそうで、ココだけの仕組みだった模様。

f:id:Akkiesoft:20190915171446j:plain


都市間(キングズクロス〜ケンブリッジ)

キングズクロスといえばハリーポッター、ということで、9と3/4プラットフォームにはオフィシャルショップと、撮影スポット(有料)が。9.5ポンド?くらいするみたいでしたが、いつ見ても長蛇の列でした。すっげ。

この区間は電化されていて車両もそんな古くなさげでしたが、使い込まれていて&客の使い方が良くないのかあまりきれいではなかったです。

f:id:Akkiesoft:20190915173049j:plain

車窓。わりと北海道の郊外に雰囲気は似ていますね。

f:id:Akkiesoft:20190915173110j:plain

ケンブリッジには1時間ほどで到着。

f:id:Akkiesoft:20190915173234j:plain

都市間(シェフィールド〜ケンブリッジ)

シェフィールドで滞在したあとケンブリッジに戻るために鉄道で移動しました(行きはPaulの車でずっとハイウェイでした)。乗車した列車を取り忘れたっぽいんですが、この区間は乗り換えたイーリー駅まで気動車でした。シェフィールド駅も気動車中心という感じでした。

f:id:Akkiesoft:20190915173624j:plain

f:id:Akkiesoft:20190915173633j:plain

イーリーまでは指定席でしたが、隣同士の席じゃないなと思っていたら、先に乗っていたおじさんが気を利かせて席を譲ってくれました。おじさんが下車したあとはもとの席に戻りました。向こうの指定席は指定客が乗る区間が席上に刺さったチケットに明記されていて、これはうまいなと思いました。私の席の場合は自分しか乗らないようでしたが、この場合、イーリーから先は乗組員がチケットを改札がてら片付けて自由席に化ける仕組みです。3人くらいが途中途中乗り降りする場合はその区間が記載されています。

f:id:Akkiesoft:20190915174401j:plain

f:id:Akkiesoft:20190915174109j:plain

イーリーからケンブリッジ間も気動車でした。が、これはハイブリッドのようで、パンタグラフも搭載していました。写真乗ったやつと同系のやつ(British Rail Class 755)。車両によってはパンタと第三軌条用っぽい集電靴を装備してる電車もいて、多種多様な感じでした。

f:id:Akkiesoft:20190915173800j:plain

これ撮ってたら後ろにも同じく撮影してたおじさん(もちろん外人)がいて取り終わって振り返ったらなんかお互い(๑•̀ㅂ•́)و✧みたいな感じになった。

www.youtube.com

アズマ

これだけは見てすぐわかった、日立製の車両!まあAZUMAって書いてるもんね。乗らなかったけど、キングズクロス駅にて。

f:id:Akkiesoft:20190915181939j:plain

イギリスに持っていった荷物で使ったもの・使わなかったもの

思い出したら書き足すー。

目次はココ!

借りたもの

  • エストポーチ: スリ防止のための機能が充実していて安心感があった。主にパスポートケース、スナップ写真用ミク、モンスターボールPlus、モバイルバッテリー、ボールペンが入っていた。
  • キャリーバッグ: サムソナイトのやつを借りた

使ったもの

  • 電源変換機: 借り物。最後のホテル以外、なぜか差し込んでから3mmくらい浮かせる必要があった。
  • USB電源: Ankerの5ポート電源とPD1。前者は展示のときに活躍、後者はMac用。Ankerの電源は240V対応なので変圧器無しでやれる。
  • (USプラグの)3つ口電源タップ: Ankerの電源2つをつなぐため
  • SIM: 私が滞在する翌週にイギリス出張する会社の人と使い回す計画でThreeの12GBを選択。私が使ったのはたった2GB弱。殆どの場所でWi-Fiを使えた。Threeはまあまあつながっていた印象です。日本と違って気さくに3Gに落ちたり、地下鉄では使えなかったりしますが。

  • 端末: 普段遣いのiPhone SEにThreeのSIMを入れて運用。iPad miniIIJ(D)のSIMを入れっぱなしのまま無使用(向こうではO2表示)。予備端末のAQUOS Phoneに普段遣いのIIJ(A)をさして無使用(向こうではEE表示)。
  • 衣類圧縮袋: ダイソーで適当に調達して使った。数枚あるとよし
  • 旅行用シャンプーセット: 口チャック入りパッケージナノで便利。コンディショナーは面倒で使わんかった

  • ボディソープ/固形石鹸: 前泊の東横インでゲットしてたら、途中で自分が用意してたボディソープを1つめの宿に忘れてしまい、それ以降活用することになったので、予備は大事と知った。宿備え付けのやつも当たり外れとかあるので。
  • 歯ブラシと歯磨き粉
  • ボディタオル: 私はほしい派。
  • 着替え: 5日分。今回の旅程では途中のゲストハウスで洗濯をお願いできたので3日分お願いした。普段自分が洗うよりもふわっと仕上げてくれて嬉しかった。
  • ジーパン: 前半後半で穿き分け。
  • パーカー: 9月のイギリス寒かったので、ベスト・オブ持っていってよかったやつ。
  • 爪切り: 普段から持ち歩くので持ったけど一度使った。
  • ダイヤル錠: 借りたカバン以外に普段のバックパックも持ったので、それにつけるためにダイソーで適当に2つほど調達。
  • お土産用おやつ: イベント中展示ブースに並べて日本のやつやでって配ったりした。たまたま隣の外人も配ってたので混ぜ込んだし、隣の外人がとんがりコーンにハマって結構ひょいパクしてた。
  • 自分用おやつ: 大粒ラムネをたまにかじってた。

森永製菓 大粒ラムネ 41g×10袋

森永製菓 大粒ラムネ 41g×10袋

  • 現金(GBP): でかい札(10/20ポンド札)で180ポンド(2.5万くらい)を用意していったけど、必要だなと思ったのは1ポンド玉。宿の売店で水(1ポンド)買うのに5ポンド札出しても渋い顔をされる。数ポンド以上のでかい買い物はクレジットカードでよかった。釣りでペニー玉をもらうと後々面倒。それ自体を土産にする手はなくもない。残すのもったいないので土産とかで使い切った。
  • 現金(JPY): 前泊時と帰国〜帰宅時用に予備で2000円弱。ちょっとだけ使った。
  • Suica: 定期とかオートチャージがついてるPASMOは持たずに適当なSuicaに数千円入れて使用。行き帰りだけ使えればいい感じに。
  • クレジットカード: 普段遣いと数年寝かせてたカードを用意。後者だけ使った。
  • パスポートケース: ソロツーリストのこれ。借り物のウエストポーチにチェーンでつないで常に携行。

  • 旅行用財布: ソロツーリストのこれ。ジーパンのベルト通しにくくりつけて使った

[ソロ・ツーリスト] ウォレットC 13 cm 0.09kg WC-14 クロ

[ソロ・ツーリスト] ウォレットC 13 cm 0.09kg WC-14 クロ

  • 買い物袋: 洗濯頼むときに使った。数はそんなにいらなかった。
  • トートバッグ: ヒコーキ乗る時足元に置くようにいつも使ってるけど、今回もそれとかに使った。
  • 口チャック袋: ホテルのアメニティを土産にするみたいな真似をするなら必要そう。普通に便利。IKEAの0.4L/1Lの袋を数枚。
  • モンスターボールPlus: ポケモンGoオタク。ただしこれはイベント中つけてたらオッポケモンやなって声を書けられたのできっかけづくりになった、かもしれない。
  • スマホGoogle Mapsのオフライン地図: 行く先の地域をダウンロードしておくと良い。あと行く先とかをピン打ちしておくのもよかった。
  • ボールペン: すぐに出せるとこに入れとくと良さ。帰りの入国カードを飛行機内でさくっと書ける。隣のイギリス人のあんちゃんに貸したら96年生まれとか書きやがって若いなおい!って思った。

使ったけど今旅向けであり一般向けではない

  • 自著本: 展示で使用。誰かにあげて片付けたかったけど、どちらも財団なりPaulなりに渡し済みなので渡す相手がなかった。EJECTOは2冊も財団オフィスの書棚に並んでいた🤔
  • ラズピッピ: 3A+,4B, Zero W*2の4台体制。展示とかに使用。
  • 麦子アクキー: EbenとPaulにお土産にした。あとPimoroniのBilge Tankスタジオにこっそり立ててきた。
  • LANケーブル: Macとラズピッピ接続用。たまに使った。
  • ヤマタノオロチっぽいやべーUSBケーブル: 会社で勧められて買ってみた。ヒコーキの席の電源を使うのに使えなくもないけど必須とも言い難い。全部に刺そうとするとやはり容量不足っぽくなるので察し。

使わなかったもの

  • 予備のシャツ: そもそもイベントで配られた上に現地でちょいちょい面白いシャツを買えるので、予備がないくらいで良さそう。むしろパンツと靴下の予備はいる
  • タオル(Ejectタオル): 使わずに済んだともいうか。このくらいは用事がなくても持ち歩きたい。
  • 折りたたみスリッパ: アパホテルのアメニティだけど今回は使わんかった
  • カロリーメイトブロックとかのクッキー系おやつ: 非常食に持ったけど一部食べたのは帰りの飛行機でみんながカップヌードル食ってるときだけだった。
  • 旅行先の場所とか予約情報とかをまとめた紙: 入管用に持つと良いと言われてめっちゃ用意したけど2019年5月からよほど機械に嫌われない限りeゲートなので使わないまま終わった。けどあったほうがいいとおもう。
  • USBハブとHDMIケーブル: USB接続するものはなかったし、外付けディスプレイの接続もできなったので結局いらんかった。
  • お土産と称したガチャのゴミ: 誰も持っていかないそれはそう
  • 指差し英会話本: 電書版をiPadに入れてたけど使わんかった。英語できる人がいると頼めるのと、ちょっとした買い物は身振り手振りでどうにかなる。
  • ポケトーク: 私がイギリスに行くことになった戦犯の一つでありながらほぼ使わなかった。イベント会場は電波が隅々に届いておらず、弱くてつながらなかった。途中でウエストポーチからカバンに移動した。

持たなかったけど必要かなと思ったもの

  • 長袖シャツ: 1枚くらい持てばよかったね。9月のイギリス寒かった。
  • 地球の歩き方(イギリス): 持ち物リストのページは参考になる。会社のイギリスに行き人からコピーもらったし、おおたさんからも本を渡された。次が万一あったら多分買う。

A02 地球の歩き方 イギリス 2019~2020

A02 地球の歩き方 イギリス 2019~2020

使ったけど次回はいらないなと思ったもの

  • ネックピロー: 無印のを用意したけどつけてるとむしろ首が痛かった(?)。飛行機で必要と感じたのは座りすぎて尻が痛くなる対策のほう。直行で11時間半ですからね。座席にはクッションが置かれてたけどあれ意味あったのかわからん。

イギリスでRaspberry Pi財団とかPimoroniとかを詣でてきた話2019(目次的な記事)

f:id:Akkiesoft:20190912130645j:plain

9/2から9/10まで、おおたさんとかいろんなひとの思惑ににハメられて?イギリスに行っていました。初海外旅行からイギリスでした。本当にありがとうございました。

Raspberry Piの関係者向けイベントがあって太田さんが呼ばれていたところ、ついでに連れてっていい?みたいな軽い感じで行くことが決まって連れ回されたのですが、イベント中に展示をする時間があったため、展示ブースのブツ持ち込みと説明員として参加した感じです。イベントの内容は関係者向けのため書けるものがない(お察しください)のですが、書いても問題のない部分(多分メシの部分くらい)とか、前後の旅行記とかを順不同で少しずつ連載していきます。

  • Raspberry Pi財団オフィスとPimoroni訪問はおおたさんが事前にアポをとった上で訪問しています
  • Raspberry Pi Storeは普通のお店なので気軽に立ち寄れます。ケンブリッジに行ったらぜひ行こう(ただし営業時間に注意)

もくじ(予定)

書けたやつからリンクが貼っていきます。イベント参加とか各所訪問とかを差し置いて、帰りのフライトが今旅の最大のハイライトだったと思います。多分こいつから書くw

Software Design 2019年10月号にEject記事を執筆しました

何回目になるんでしたっけ、Software DesignでEject記事を執筆させていただきました。

今回はカーテンEjectを取り上げ(まえに別のとこでも書いたじゃんとか言わない!)つつ、CD-ROMドライブのEject力を調べてカーテンEjectに最適なドライブを選定しました。すっげー小学生の自由研究じみた感じなんですけど、でもCD-ROMドライブのあのスペックは多分誰も調べたことがないんじゃないかと思っています。普通の使い方では必要になりませんからね。

というわけで、SD10月号は来週(18日)発売です。いつもどおり、箸休め的に鼻で笑いながら読んでいただければ幸いです。

gihyo.jp

ソフトウェアデザイン 2019年10月号

ソフトウェアデザイン 2019年10月号

追伸、記事タイトルは編集部につけていただいたのですが、サブタイトル(?)読みをいじったら575になったので校正でルビを振ってもらいました。