読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっきぃ日誌

鉄道ブログのような技術系ブログのようななにか

OSC2016 Gunmaレポート(先週末の日記)

OSC Eject RasPi

OSC2016 Gunmaのレポートを例によって書いてなかったので書きましょうね〜。

群馬初のOSCというわけで、参加してきました。当日朝6時に家を出て渋谷で乗り換え、後は高崎まで一本でした。あっさりやな。しかし、おしりを大事にと言うわけで在来線では初めてグリーン車を利用しました。まあまあ快適。車中でセミナー資料をでっち上げました。

電車は、乗り換え回数が1回で済む代わりに早い時間についたので、駅弁を買って駅構内が見える場所(上信電鉄入り口に向かう通路)で食べてたら、目の前にカシオペアの試運転が。なんか鉄が多いなと思ってたんですよ。

f:id:Akkiesoft:20160523043229j:plain:w280 f:id:Akkiesoft:20160523043231j:plain:w280

最終的には札幌まで行ったそうな。

f:id:Akkiesoft:20160523043347j:plain:w450

話を戻して、OSC展示は久々にEjectだけだったので、Ejectを中心に展示することを意識してみました。ドライブも3台体制です。しかし全手動。あかん。展示物はいつものAC電源操作と、エアぴっぴ(GPIOと、手動Ejectで)、除夜のEjectの3つ。ハムスターのエサやりもやろうとしたけど、あれ、ドライブ足りなくね?となってなくなりました。まあ十分でしょう。

f:id:Akkiesoft:20160523043430j:plain

とはいえ、多少はラズピッピも置きたいよねと言う訳で、ファッキンホット温度計とRPi3デスクトップ環境をデモしてみました。温度計はあると意外に便利なのでと言う理由で持ち込みです。しかしエアぴっぴでもよかったか。

デスクトップ環境はディスプレイのスタンドをちょっと変えて後ろに長めのネジを足代わりに取り付けてみました。春のOSCでこんな感じで展示されてた方を参考にしてみましたがこれはアリですね。キーボードとマウスも無線化がカンタンになったので配線もすっきりです。とはいえ機材箱から有線のを出すわけにはいかんですけども。

f:id:Akkiesoft:20160523044120j:plain

セミナー資料は昨年の資料を削っただけのものですが、ちょいちょいいじりもしたので一応アップロードしますね。

speakerdeck.com

観光は、上信電鉄をひと駅乗りしてきました。鉄むすがなんかかわいかったので、クリアファイルはを買ってしまった。くまみこのまちちゃんに似てる気がする。

f:id:Akkiesoft:20160523044515j:plain:h450

乗ったのはこれ。

f:id:Akkiesoft:20160523044602j:plain:h450

この日はワイン列車なる企画列車が運行されていて、ぐんまちゃん+鉄むすと言うハデハデラッピング電車で走っていました。

f:id:Akkiesoft:20160523044616j:plain:w450

車庫は新旧いろいろな電車があり、地方私鉄という感じです。

f:id:Akkiesoft:20160523044713j:plain:w450

そういえば新車があったよなあと思って見てみたら、新型車は車庫で寝ていました。惜しい。

f:id:Akkiesoft:20160523044746j:plain:w450

その後は帰路につきつつ熊谷で途中下車して秩父鉄道でまたひと駅乗り。元8500系8609Fな7102Fに初めて乗りました。まあ……いつも乗ってるわ……。引き上げ線には派手なラッピングになった元東急8090系改め7500系も。

f:id:Akkiesoft:20160523045048j:plain:w280 f:id:Akkiesoft:20160523045101j:plain:w280

熊谷の後は大宮経由で流山のいちごーさんのとこに遊びに行ってブーさまと戯れた後、アキバ経由で帰宅しました。

f:id:Akkiesoft:20160523045313j:plain:h450

こう書くと、アクティブに遊びまわっているように見えますが、土曜の夜に日本酒を飲み過ぎて二日酔い気味でした。程々にせんとね〜( ;`ω´)。

今週末の日記

RasPi OSC Eject

今週末は、先週末のOSC2016 Gunmaで展示して見つけた課題を片付けて、来週のOSC2016 Nagoyaに向けて準備すると言う、OSCのために成果物を作る駆動をしていました。

Eject周りはここしばらく本当にてきとうな展示をしてきたので、ちょっと頑張りました

Node.js+Socket.ioによるWebSocket版EjectZeroの実装

EjectZeroは元々ローカルでの操作が前提でしたが、誰でもカンタンにEjectできる仕組みとしてNode.js+Socket.ioを使ってWebSocketで実装することで、ConoHaに置いてるサーバーから操作ができるようになりました。

vine.co

仕組みとかを理解しつつ作ってみましたが、要するに自前でチャットサーバーを立ててログインしてコマンドを投げ付けるイメージなんですね。Eject部分はBotみたいな感じ。ただ、実装はサンプルを見よう見まねで作っただけなのでセキュリティ的にはザル以下で、公開には程遠い感じです。

というわけで、来週の名古屋では、お手持ちのスマホから好きなだけ除夜の鐘をつくことができる予定です。

エアぴっぴの改良

エアぴっぴは先週の群馬からPiTFTを採用してみたのですが、Ejectで操作する場合のデモを何も考慮しておらず、手動でEjectして実演していたので、ここを改良しました。

f:id:Akkiesoft:20160523040059j:plain:h400

まず、Raspberry Pi Zeroでデモしていたのをやめて本来のRPi1 Model Bに戻しました。そうすると温度センサーとリモコン制御に使うGPIOが接続できなくなりますが、PiTFTはSPIあたりしか使用していないので、利用したい箇所については拡張用の穴に必要な部分だけピンを生やして解決しました。本来は裏から通すことを想定されているので、この向きで生やすとピンの位置が反転している点に注意です。

f:id:Akkiesoft:20160523040440j:plain:w400

あとはエアぴっぴにEjectモードを追加実装して終わりです。これは今のところ正式な機能としては入れていません。が、気が向いたら入れるかも。

vine.co

関係ないけれど、ネットワークにUSBモデムも設定を流し込んでみました。旅先のホテルのエアコンをTwitter経由で制御できるようになりますね……?

f:id:Akkiesoft:20160523040801j:plain:h400

もうひとつ、やろうと思って忘れていたChart.jsのアップデートを行いました。これはGitにもコミット済みです。今までのは軸の項目がご丁寧に全部表示されて、文字が重なってどえらいことになっていましたが、新しいバージョンではいい感じに間引いてくれるようになったため、すっきりとした見た目になりました。

ただ、このバージョンでも描画サイズの調整にバグがあるようで、描画サイズ周りで妥協しています(スマホでは小さく見えると思います…)。これはバグ修正をまってもう一度アップデート予定です。

f:id:Akkiesoft:20160523040950p:plain

細かな修正で、WebIOPiのPlaybookにPython3のインストールを追加しました。Raspbian Liteに入れようとするとPython3がなくてインストール後に正常に動作していませんでした。ぐぬぬ

エアぴっぴのデモもこれでだいぶしやすくなるかもですね。

コミック

コミック

小林さんちのメイドラゴン (4)

アニメ化やったぜ。小林さんにアレが生える回でわらた。

俺とヒーローと魔法少女 (4)

着せ替え妖怪回がすき。

俺とヒーローと魔法少女(4) (ポラリスCOMICS)

俺とヒーローと魔法少女(4) (ポラリスCOMICS)

そういえば、そごうさんがこないだコミティアにいらっしゃったんで旅行記の同人誌を頂いたら装丁がすんごいおしゃれで感動しました。

カガクチョップ (3)

これすき

カガクチョップ(3) (メテオCOMICS)

カガクチョップ(3) (メテオCOMICS)

東急2016年度の鉄道投資計画きた

鉄道

(※言わずもがな全体的に個人的な感想です。あらかじめ。)

近鉄道熱が冷めているというか、どの趣味も全般的に冷めているのでちょっとアレですが、毎年恒例の時期になりましたので書きます。

www.tokyu.co.jp


_人人人人人人人人人人人人人人人人人人_
> 2017年度の導入をめざし、   <
> 田園都市線の新型車両の製造に着手 <
 ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

ファッ!?そんな、ついに田園都市線に新型車導入だなんて……マジか!ただまあ、着手しただけで本当に出てくるかはわからないですからね、か、簡単には騙されませんよ(困惑)。『ブレーキシステムの変更によるブレーキ性能の向上』はおそらく東横線の例の事故を踏まえて改良したい点なんでしょうね。ここだけなんか目立つというか、アッ(察し)と言う印象があります。個人的には、内装は新4ドア車のグリーンで良いので(ヘッドレストはいらない)、台形車体が解消されたら面白いなあと思いましたなど。サハ5576は量産できるフェーズに入るんでしょうか。

ホームドアは、あとはぶちこむだけの東横線に積極的に導入される流れが続きつつ、田園都市線二子玉川駅大井町線中延駅にも設置予定とのこと。二子玉もあの新幹線のホームドアみたいなスペースとるやつ入れて有人制御するんでしょうか……?あと、大井町線は手動ホームドアで増やし続けて大丈夫なんでしょうか?

その他は、去年の投資計画にあって結局手がついていなかった用賀駅と宮前平駅へのエスカレーター設置の件と、渋谷駅14番出口の改善(仮設)、そして東横線祐天寺駅の通過線の完成が2017年3月と言う件がちょっと大きいですね。通過線の様子はたまにウォッチしに行きたいかもです。

過去の感想: http://akkiesoft.hatenablog.jp/search?q=%E8%A8%88%E7%94%BB%E3%81%8D%E3%81%9F

rbenvでMacにRubyをインストールする(Macports)

ググればすぐ手順が出てくるんですが、なんか微妙に手順が抜けててニャーンって感じだったのでメモ。

rbenvと、名前からしてrubyをビルドするために必要になるであろうruby-buildパッケージをインストール。意外とMacportsでって言う人がいない?ですね。brewのほうが検索上位にいました。パッケージ名が同じだったので悩むこともないですが。

sudo port install ruby-build rbenv

rbenv initを実行します。が、「eval "$(rbenv init -)"を~/.bash_profileに書いてね」と言われるので書きます。

$ rbenv init
# Load rbenv automatically by appending
# the following to ~/.bash_profile:

eval "$(rbenv init -)"

$ vi ~/.bash_profile
eval "$(rbenv init -)"

rbenvコマンドで一覧を出してインストールするバージョンを選びます。2.3.1にしましょうか。

$ rbenv install --list
Available versions:
(略)
  2.3.0
  2.3.1
  2.4.0-dev
(略)

Ruby 2.3.1をインストール。OpenSSLとRubyソースコードをダウンロードしてビルドしてくれます。

$ rbenv install 2.3.1

Macに内蔵のRubyではなくrbenvのRubyを使うためのコマンドを実行します。rbenv versionsを実行すると、切り替わっているのがわかります。

$ rbenv global 2.3.1
$ rbenv versions
  system
* 2.3.1 (set by /Users/akkie/.ruby-version)

ターミナルを開き直して、Rubyのバージョンを確認できたらできあがり。

$ ruby --version
ruby 2.3.1p112 (2016-04-26 revision 54768) [x86_64-darwin14]

mikutterが3.4からRuby2.1以上を要求するようになるので、OS X 10.10系マンとしては必須の作業になってきました。El Capitanいれろはい。

参考。