読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっきぃ日誌

鉄道ブログのような技術系ブログのようななにか

計画きた の検索結果:

東急2017年度の鉄道投資計画きた

…。今年で8回目の投資計画きたブログです。www.tokyu.co.jp昨年の投資計画からは13億増のようです。6ドア車の置き換えが5105Fをもって完了になり、田園都市線へのホーム道設置も本格化するようですが、さらに1年前倒して2019年設置完了を目指すようです。本当か?いくつかの駅ではホームドア設置位置の墨入れが見られたりしていますがさて。6ドアの搬出は見られたらいいなと思ってはいるものの、新居では搬出トラックの音は聞こえなさそうで、もう動画を上げることはできなさそうです。…

東急2016年度の鉄道投資計画きた

(※言わずもがな全体的に個人的な感想です。あらかじめ。)最近鉄道熱が冷めているというか、どの趣味も全般的に冷めているのでちょっとアレですが、毎年恒例の時期になりましたので書きます。www.tokyu.co.jp _人人人人人人人人人人人人人人人人人人_ > 2017年度の導入をめざし、 < > 田園都市線の新型車両の製造に着手 <  ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄ファッ!?そんな、ついに田園都市線に新型車導入だなんて……マジか!ただまあ、着手…

東急2015年度の鉄道投資計画きた

(※言わずもがな全体的に個人的な感想です。あらかじめ。)田園都市線ユーザーだけが敏感に反応するシーズンがやって来ました。安心してください、今年も期待の記述はありませんでしたよ!HAHA!2015年度の鉄軌道事業設備投資計画 ホームドア設置や駅機能の向上などに総額482億円 |東急線沿線ニュース|東急電鉄www.tokyu.co.jp今年度は「中期3か年経営計画」の話とごちゃまぜになった感じで書かれているようで、必ずしも今年度内の完了が約束されている計画なのかどうかが資料から読…

東急2014年度の鉄道投資計画きた

年に一度の†お葬式のシーズン†が来ました。http://www.tokyu.co.jp/company/news/list/?id=1181ついに車両に関する投資内容の記載がなくなりました。すごい、すごすぎて、もうそれ以上コメント出ない。確認が終わった瞬間「よし、東急線外、少なくとも田園都市線外に引っ越そう」って直感的に思ったわ……。東横線なら渋谷から各停だと座れるし、それで遠すぎないところに住めればいいんじゃねってまじめに考えるよね……。もしくはメトロ線内か。東武が「これが…

東急2013年度の鉄道投資計画きた

2ch曰く今年も出たようです。あ、うちのブログ内で「投資計画」と検索すると毎年の感想が見られます。 http://www.tokyu.co.jp/contents_index/guide/pdf/130515-1.pdf 車両投資は18両、つまり先日投入された東急5050系4110Fと5176Fで終了。しょぼすぎクッソワロタw田園都市線の走る環境破壊は今年度も健在であったー。その代わり、田園都市線関係は駅設備には力がはいる模様。二子玉川と溝の口の駅照明LED化、二子玉川と渋谷…

東急2012年度の鉄道投資計画きたー

今年も新年度の投資計画が出ましたよー。 http://www.tokyu.co.jp/contents_index/guide/news/120515-1.html 新車投入は東横線に30両のようです。田園都市線に投入は無いとあきらめて見ているので驚きもしなかったですが、導入数すくなっw。しかし10両編成の置き場もそんなになさそうなので、仕方ないのかしら。そして今年も変わらず、すでに無くなった8000系と消費電力を比較してるなあと思って見てましたが、よく考えれば9000系で8…

東急2011年度の鉄道投資計画きた

2011年度の鉄軌道事業設備投資計画は総額367億円 耐震補強などの安全対策と、東横線・副都心線の相互直通運転に向けた工事を進めます(2011/05/13)|ニュースリース|東急電鉄 車両に関してまとめると、東横線に5050系を68両、池上線・多摩川線に7000系3両(つまり1編成分)の計71両とのこと。あわせて5050系(4000番台)という表記が(写真付きで)正式に発表されました。 今年も田園都市線向けに何か作られると言うことはなさげですね……。 PDFから引用。 従来の…

東急2010年度の鉄軌道事業設備投資計画きたー

2010年度は、東横線・池上線・東急多摩川線などで計43両を、新型車両5000系と7000系(5000系をベースにした車両)へ更新します。5000系車両は、機器を多重化することにより、一部機器に故障が発生しても列車運行への影響を最小限に抑えた車両です。さらに、床面とホームとの段差を小さくするなどバリアフリー対策も施しており、従来の主力車両であった8000系に比べ使用電力を約40%削減するなど、「人と環境に優しい車両」です。 田園都市線の5000系車両では、遅延抑制と混雑感の軽…