あっきぃ日誌

ラズピッピブログのようなオタクブログのようななにか

東急2011年度の鉄道投資計画きた

2011年度の鉄軌道事業設備投資計画は総額367億円 耐震補強などの安全対策と、東横線・副都心線の相互直通運転に向けた工事を進めます(2011/05/13)|ニュースリース|東急電鉄
車両に関してまとめると、東横線に5050系を68両、池上線・多摩川線7000系3両(つまり1編成分)の計71両とのこと。あわせて5050系(4000番台)という表記が(写真付きで)正式に発表されました。
今年も田園都市線向けに何か作られると言うことはなさげですね……。
PDFから引用。

従来の主力車両であった8000系に比べ使用電力を約40%削減するなど、
「人と環境に優しい車両」です。2011年度の更新により東急線全車両の約48%が
環境配慮型車両になる予定です。

48%とな。つまり、どれだけの8000系列が減るのか計算できるのね……。後でやってみようかな(笑)

計算してみた

48%というのは、だいたい東急3000系以降の車両を指すっぽい。(3000〜7000系のデハの車両数+今年度導入すると思われる編成のデハの車両数)÷全形式のデハの車両数でそんな感じの数字になりました。
単純に東急内の電動車のVVVF率を出すと66%ほどでした。残り34%が田園都市線・大井町線にいる8000系列(広義)になります。
田園都市線所属車両のVVVF化率は35%。