あっきぃ日誌

ラズピッピブログのようなオタクブログのようななにか

第4回択捉島ビザなし交流3日目

交流3日目。朝、目がさめてボーっとしていると、ガーリャさん一家がやってきて朝ご飯が始まりました。

スパゲティはゆでてバターを絡めただけのシンプルな料理。…なわけはなく、きっと何かをかけて食べるんだろうけど、よくわからないので、なぜかテーブルにあったブルドック中濃ソースをかけて食べることに(ジェスチャーで聞いてみたけど、よくわからなかった)。ピザはとてもおいしかったです。お土産に少しもらってきたぐらいです。先生は朝からウォッカでカンパイを仕掛けられてタジタジ。食事の後は、お世話になったガーリャさんたちにお別れをして、スポーツ交流会へ。
スポーツ交流会では、サッカーとバスケ、竹馬とか重量あげ(?)もやりました。会場にはナターシャも来ていました。
おいらはサッカーをすることにしていたので、試合まではバスケを見に行ったりサッカー遊びを見たりしていました。試合はどちらもロシア側の勝利。うむむ、ロシアっ子は元気です。竹馬は日本のあそびながら、日本人が誰もできないと言う非常事態のため中止に。重量あげは大人たちの熱い勝負が繰り広げられていました。

ここ数日雨が降っていないと言う事もあって、グラウンドはパサパサ。サッカーのラインが梱包なんかに使うプラスチックのバンド゛てひいてあってビックリ。でも、これだったら雨でも消えないから便利だなぁ。……なんてボーっとしているところを、札幌のビデオ撮影部に激写されてしまった!orz

そんな中、ナターシャは通訳さんに「キスしてもいい?って日本語でどうやって言うの?」とか聞いてたみたいで、それを見てた先生が「なんかナターシャがキスしたいらしいぞ。がんばれよ〜」と教えてくれて、かなりあせった……。き、キスっすかっっ、みたいな。しばらくして「キスしてもいいですか?」ってきたので、OKと返事をしてキスしちゃいました。あ、いや、頬にですよ……!でも、あっちではキスって結構普通みたいで、お別れのときとかでもみんなしてたので、そんなにすごくもないのかな。他には、指輪をもらいました。もらうだけじゃなぁ、と言うことで、OSASKカンバッチをプレゼントしました〜。
スポーツ交流会の後は、徒歩でカフェ・エトロフへ。ナターシャ達も同じ方向に家があるみたいで、カフェまで手をつないで歩いて行きました。

今日はボルシチ。昨日の晩、ガーリャさんが作ったあの家庭料理の味には及びませんでしたっ。今日はトイレが直ったそうですが、またすぐに壊れた模様。タンクに水が溜まるのが遅いみたいです。今日気づいたけど、店の入口の床に1984の文字が。1984年に建てられた建物って意味かな?

食事の後は車で、日本人のお墓があるクリリスク墓地へ移動。ここ墓地にはロシア人のお墓もあって、2ヶ月前に亡くなった方のお墓があったりもしました。ロシア人は、亡くなった人をそのまま埋葬するそうです。お墓参りでは、北方領土になんの縁もないおいらが、なぜか最初にお墓に手を合わせたり……。そうそう、ロシア人のお墓は墓石に顔写真が彫られているものがいくつかありました。カッコイイお墓〜!
次は車で2、30分の所にある別飛(べっとぶ、ロシア名レイドボ)へ。途中の道はものすごい砂ぼこりで辛かった……。着いた先は広い湿地。向かいは砂浜になっていました。湿地は、薄曇りの天気のせいもあって、とても幻想的な場所でした。とてもキレイなところです。ペットボトル(ロシアのあの炭酸水)に湿地の水と草を入れて持ち帰ることにしました。本当にきれいな所。もし北方領土が返還されたら、日本人はすぐにこの湿地を観光用に整備して、人でいっぱいになって、ごみがポイ捨てされて、景観が損なわれていくんだろうなぁ……なん考えたら、北方領土なんて返還されないほうが自然のためになるんじゃないかと思ってしまった。
この辺でデジカメの容量(32MB)がオーバーしていて、あまり写真は撮っていませんでした。家に帰ったら大容量のCFを買ってやる!と決意。
クリリスクに戻る途中、幼稚園のようなところに立ち寄ることになりました。草のかんむりをかぶって輪になって踊ったり、イラクサを飛んだりしました。イラクサを飛ぶのは、イラクサを火に例えていて「火で悪いことを全て焼き払う」んだそうです。中にはつまづいてしまう子供も…。イラクサは摘んでから数日置いてあるので触っても痛くないみたいです。ここではフィルムで何枚か撮影(このうち1枚を大会(id:Akkiesoft:20050912)に出すも、賞獲得ならず)。

街へ戻って、最後に商店街をお買い物。……といっても、20分しか時間がなく、お店も近場に密集したので大混雑。お土産買いにはとても苦労しました。YoYo10缶とウォッカ(先生に委託する形で)、キンダーサプライズのロシア版を5こ買いました。しかし、金額がオーバーしてしまい、買い物を手伝ってくれていた通訳さんからルーブルを分けてもらいました。通訳さんありがとう〜!
そしていよいよ択捉島を出発。ナターシャ達も見送りにきていて、キスをしてお別れしました。
択捉島を出発……といっても、しばらくは船の左手に島が見えていましたが、まずはシャワーを浴びました。全身砂ぼこりでしたからねぇ……。その後、外に出ると、夕焼けがとてもきれいでした。択捉島よかったなぁと、たそがれながら海を眺めていました。

しばらくすると、晩ご飯が始まりました。例によって、おいらは後半組でしたが……。

1日ぶりの日本食。たかが1日分、でも、やっぱりおいしい。日本食万歳!夜は夜で、持ってきていたけど択捉島では食べなかったカップラーメンを友達になった小学生の子達と食べました。
疲れていたせいか、みんなよりも早く寝ました。