読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっきぃ日誌

鉄道ブログのような技術系ブログのようななにか

ドイツのトリとグッズ作成

ドイツのトリ Advent Calendar 2015 2日目です。この記事は11月下旬のどこかのデータセンターで夜間に書かれました。空調の爆音に耐えながら書くキチガイAdvent Calendar最高。

www.adventar.org


f:id:Akkiesoft:20151201223058p:plain:h450

私からのお題はドイツのトリとグッズ作成です。

ドイツのトリはCreative Commons 4.0(CC BY 4.0)でライセンスされており、適切なクレジットを入れれば営利目的を含め自由に利用することができます。

特にグッズ作成に関しては写真を撮影したあしゅりーおじさん( @Asyley_ )本人によって推奨されています。

しかし、実際にはグッズ制作を行って販売しているのはあしゅりーおじさんただ一人のようです。


売れるのか

バカ売れの模様です。みんなもドイツのトリグッズを作って儲けよう。


私の場合

私の場合は、特にライセンスを読まずに「(海賊版)ドイツのトリ缶バッジ」および「ドイツのトリ(AA版)シール」を著作情報を含めずに自前で製造、無料配布しました。次回からはきちんとあしゅりーおじさんのWtitterアカウント名か何かを入れたいと思います。

▼ドイツのトリ缶バッジの例(スペースドイツのトリ缶バッジ)

f:id:Akkiesoft:20151122232928j:plain:h450

▼ドイツのトリ(AA版)シール

f:id:Akkiesoft:20151122234034j:plain:w450

いずれもドイツのトリを知っている人には大人気ですが、知らない人にこれは何かと尋ねられると辛いです。また、いずれも無料配布なので、私の場合はマネタイズに失敗しています。

今後作るならなにが良いだろうか

あしゅりーおじさん製造のシールもTシャツも大盛況とのことで、よくあるノベルティ的に作れて便利なグッズであれば一通り売れそうな気がします。価格帯にもよるでしょうが。

ベターなところでは、マグカップ、トートバッグ、タオル、マイクロファイバークロスなどでしょうか。iPhoneケースもベターになりつつありますが、これは在庫を抱えるとまずい部類と考えられるので、pixivFACTORYやSUZURIを利用するのも手です。他のグッズもそうしても良いかもですが、最終的には販売価格によるでしょう。

まとめ

  • ドイツのトリはカネになる可能性がある(カネになるとは言っていない)
  • 実用性のある便利なグッズを制作すれば売れるはず
  • 在庫を抱えたくなければオンデマンド系のサービスを使えばできる
  • 売上であしゅりーおじさんにメシをおごろう

ではでは。

.  ____
 /  ´՞  ՞`\
 |   し  |
(    ਊ   }
 \_____/
  ||   //
  m   m