読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっきぃ日誌

鉄道ブログのような技術系ブログのようななにか

avahi-daemonさんをちゃんと(?)設定した

よくいらないサービスに列挙されるavahi-daemonことAvahiをたぶんまじめに設定してみました。

社内のファイルサーバーをCentOS5+Samba3.0.3からCentOS6+Samba4に入れ替えたのですが、MacのFinderにサーバーが出てこなくて、あーAvahiかなと思ってyumでさくっと入れたけど解決せず。んでググると、/etc/avahi/services以下にhogehoge.serviceファイルを置く必要があるとのこと。

というわけで以下の内容で/etc/avahi/services/smb.serviceを配置。

<?xml version="1.0" standalone='no'?>
<!DOCTYPE service-group SYSTEM "avahi-service.dtd">
<service-group>
    <name replace-wildcards="yes">%h</name>
    <service>
        <type>_smb._tcp</type>
        <port>445</port>
    </service>
</service-group>

サービスを再起動すると、すぐにFinderに表示されました。すごい。

で、気づいたのが、以前のCentOS5+Samba3.0.3の環境で、Avahiがデフォルトで入っていたのにSambaのサービスに関する設定が入ってなかったという点。確かに、Finderに出たり出なかったり、あと、アイコンがWindowsブルースクリーンっぽいPCアイコンだったりという点で違いました。旧環境でもちゃんと設定すると、確実に表示されるようになって、アイコンもMac風のPCアイコンに変わりました。

自宅の環境でのサンプル画像。設定前だと上のようなアイコンに、設定済みだと下のようなアイコンに変わります。自宅のファイルサーバーがnasbiなんですが、このマシンもこれを機にちゃんと設定しました。

f:id:Akkiesoft:20140209011152p:plain

ファイルサーバーではちゃんとAvahiを設定すると幸せになれるっぽいですね。勉強になりました。