読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっきぃ日誌

鉄道ブログのような技術系ブログのようななにか

新所沢のホームドア実証実験を見に行く小旅行

西武線の新所沢駅で実証実験中の新型ホームドアを見に行ってきました。先に言うと、ドアの開閉は見られましたが、ドア自体が移動しているところは見られませんでした。土休日に行っても当駅止まりしか見られないらしく、期待はずれの結果に。

f:id:Akkiesoft:20130923144406j:plain:w400

ドアー

f:id:Akkiesoft:20130923144322j:plain:w400

動くとここからドアがニョッキリ出てくるんだろうなあみたいな部分。

f:id:Akkiesoft:20130923144311j:plain:w400

諸注意。撮影者は一人二人、そして鉄道系によくいる頭のネジ数本抜けてる系おにいちゃんひとりくらいでした。動画にはおにいちゃんのエアートレイン音がハモって収録されました。

f:id:Akkiesoft:20130923144240j:plain:w400

しかし、1番線の最後尾1両分のみ。先述の通り、こちらのホームでは当駅止まりがたまに来る程度なので、可動シーンはほとんど見られません。それでも一人常駐している警備員の虚しさがなんとも。

f:id:Akkiesoft:20130923144432j:plain:w400

改札を出て散歩しているうちに見逃したり、途中で狭山市に行ってみたりしながらも、リベンジに成功した時の様子。

f:id:Akkiesoft:20130923213001j:plain:w300 f:id:Akkiesoft:20130923213014j:plain:w300

以下、行き帰りのネタ。

sustina車

渋谷で副都心線経由各停保谷行きに乗り換えたら5176Fでした。しかもホームに降りてすぐ目の前にsustina車が見えるラッキーぶり。

銘ステッカー。天井のカーブも従来と違ってややカクカクなイメージ?

f:id:Akkiesoft:20130923131746j:plain:w400

座席。LCDの枠もなんか上側が広くなった気がします。

f:id:Akkiesoft:20130923131841j:plain:h400

ヒカリなんとか号とすれ違い。そいえば、新宿三丁目駅で降りようとした子供連れの人がドアに挟まれかけてました。私は気づくのがおくれて助けに入れなかったけれど、他の人達がドアを押さえて降りられていました。こういう時ワンマンって危ないのかなって思わされますね。。。

f:id:Akkiesoft:20130923131810j:plain:h400

保谷駅でサハ5476から見たsustina車。従来車の傾斜ブリがよく分かるのが面白い。

f:id:Akkiesoft:20130923144005j:plain:w400

f:id:Akkiesoft:20130923144053j:plain:w400

西武30000系

そういえばついに初めて乗れました。噂に聞いていたドアのうるささも体感。うむ、うるさいわwE233系の最近のドアもあんな音を出すけれど、それにくわえて東武50050系で聞くようなザリザリと擦れる音(アルミ車独特?)もプラスされた感じ。

f:id:Akkiesoft:20130923144133j:plain:w400

つり輪が独特な形状。

f:id:Akkiesoft:20130923144145j:plain:w400

シートもちょっと変わった感じ。sustinaはこれに影響されたのかなっていう感じの背もたれも。他の内装は結構メトロ10000系っぽい感じですね。ラインデリア配置とか天井高くしてるのとか貫通扉とか。

f:id:Akkiesoft:20130923144158j:plain:w400

ほかの

きいろいでんしゃー
f:id:Akkiesoft:20130923144339j:plain:w400
f:id:Akkiesoft:20130923144444j:plain:w400

帰りは西武6000系で自由が丘まで。
f:id:Akkiesoft:20130923213102j:plain:w400

ずっと天気がいまいちスッキリしない感じだったのですが、帰る頃になって晴れてきたのが惜しかったですね( ˘ਊ˘)

田園都市線つきみ野駅に設置中のロープ式スクリーンもなんか工事が進んでいるっぽいので、それもそのうち見に行きましょ〜。

蛇足。西武の駅員さんが警備員さんに、田園都市線のもあってこないだ見に行って〜って話をしていて、やっぱその手のは興味あるんかな〜とおもった次第でした。警備員さんは対して興味なさそうだったけれど。