読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっきぃ日誌

鉄道ブログのような技術系ブログのようななにか

ボーイング787乗ってきた(松山→羽田)

愛媛からの帰りはボーイング787狙いで、予定通り乗ってきました!

いうまでもないですが、機内の写真はドアが開いている間、飛行中に電源を入れて良い時間帯に撮影しています。
シートにはタッチパネル付きLCDとコントローラーが。コントローラーも、ウラにはキーボードとゲーム用にABXYボタンが配置。ゲーム……するかなあ(`ω´;)。キーボードは、座席間のメッセージ送受信で使用できるようです。なにそれすごい。

さらにUSB端子まで。充電用かなと思ったのですが、中の曲データを読み込んで音楽再生ができるとかなんとか。まあ充電もできると思うけど(ためしてはいない)。

窓側。今回はうまく席が取れなくて、真ん中の列だったけれど、いつかリベンジしたいー。窓の何とかカーテンの調節をしてる所も見られたのでまあ満足。

ライティングはなんかクールというか幻想的というか、そんな感じでした。トイレも同じ感じでした。天井が高くて、広いイメージでしたが、荷物棚も一緒に高くなった分、荷物の出し入れは大変になった印象です。積むのは良しとして、降ろすときはシートのステップを使わないと取れませんでした。他の飛行機だと使わなくても普通に取れてたけれど。


機内ではシートのLCDで「発想の来た道」の22回・23回をまとめて視聴。23回は総集編でしたが、見たことないのが見られたので良かった。22回も非常におもしろかったです。いつも刺激がもらえるステキ番組です。刺激されてがんばろうとしているのがEject的なアレというのは残念な感じもしますが(笑)。
他に気づいたのは、飛行機内で高周波な音がずっと鳴っていた点。でもこれってもしかして、飛行が静かになったような気がするので、今まで隠れてた音が目立つようになっただけなのかも知れません。あとは、機内放送用のスピーカーの音質がすごいクリアになっていたのとか、「ポーン」と言う警告音がやわらかめになっていたことか、でしょうかー。
たぶん他にもいろいろ見所があるんだと思うのですが、後方席だったこともあって、全部は見られませんでした次以降乗る機会があったら見たいです。

羽田に到着後、改めて撮影。他にも撮影してる人が多く見かけられました。



これはなかなかアツい乗り物が出てきたなあと思う次第でした。中標津便にも使用されないかな!(おっ)